二日酔いの吐き気は抑えることが出来るのか

スポンサーリンク

どうしようもない吐き気を抑えるには

二日酔いの典型的な症状でどうしようもない症状といえば吐き気ではないでしょうか。

何しろ胃がムカムカして絶えず吐きそうな感じでいるのですから、

仕事など手につくはずもありません。

電車で通勤したくても途中で吐いてしまうのではないかと

不安で電車でさえも乗れないということだって起こりうるのです。

つらい朝にはコレ!⇒最近、元気が出ない…

吐き気の原因

二日酔いの吐き気をもよおす原因は胃酸過多だと言われています。

お酒飲の飲み過ぎで胃酸が異常に分泌されているということになるのです。

アルコールは胃酸を分泌されることを促す力を持っています。

そのためお酒を飲み過ぎると胃の働きが必要以上に活発になり

胃の壁を溶かしてしまったりしてしまうことになり

吐き気が出てくるということになるのです。

これに加えてアルコールのとりすぎでアセトアルデヒトやメタノールが

体に残って吐き気を引き出してしまうことになるのです。

夜のお付き合いの前に!翌朝に!いつでもどこでも『しじみの力』

二日酔いの吐き気を止めるにはどうしたら良いのかというと

薬を飲むということで解決ができることもあります。

生姜に重曹水

また、生姜を摂ると良いということも昔からよく言われている方法です。

重曹水を作って飲むという手段も効果的です。

酸性になっている胃を中和してくれる働きがあるのです。

湘南美容外科と共同開発【ホスピノール】
スポーツドリンク

水分を摂るという方法もあるのですが

できればスポーツドリンクなどの多少塩分が入っている飲料などのほうが

吐き気を止めるには効果があるようです。

胃を刺激するような飲み物であるお茶やコーヒーと言った飲み物は

できるだけ控えるようにしたほうが無難です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする