二日酔いと肝臓

スポンサーリンク

お酒が飲めるのは肝臓のおかげ

お酒を美味しく飲むことができるのは肝臓が正常に働いているからです。

肝臓がきっちりと働いていてアルコールを分解する許容量を超えるようなことがなければ

二日酔いも当然ながら起きてこないということになります。

二日酔いになるのは肝臓でのアルコールを分解する機能が

追い付かないがために起こるのです。

瀬戸内海産牡蠣エキス+マカ+高麗人参配合【贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα】

飲み過ぎはダメ

肝臓の働きを良くしようとするのが

二日酔いに効くと言われるようなサプリや内服液という事になるのですが、

二日酔いになるような状態を続けていくと肝臓は流石に疲弊してくることになり、

場合によってはよく効いていたサプリなども効かなくなってしまいます。

そうなってくると肝機能は低下し二日酔いも治りにくいということになり、

いろいろな病気を引き起こしてくる原因となる可能性があります。

二日酔いの原因

やはり休肝日は必要

アルコール性肝炎や肥満、脂肪肝や動脈硬化に高脂血症、痛風などの

病気を引き起こす可能性が高くなってくるのです。

更に進行すると肝硬変や肝臓がんなどにも至る可能性も出てくることになりますので

お酒飲の飲みすぎには気をつけないといけないのです。

昨日も飲んで今日も飲んで明日も飲む。

毎日必ずお酒を飲むというのはストレスを開放させてやるには良い方法かもしれませんが

肝臓は休まる間がないということになります。

昔からよく言われているように週に一度や二度は

休肝日を作るということはやはり大切なことなのです。

芸能人お薦め水素サプリ!酒豪の極 泉

肝臓の機能がおかしくなってくると間違いなく体全体がおかしくなってきます。

肝臓はとても大切な臓器なのです。