知っておきたい。お酒の適量

スポンサーリンク

人によって違うお酒の適量

お酒は体に良いと言われる程度の量なら飲んでも体にも悪い影響はなく

楽しくお酒も飲めて二日酔いになるようなことも起こらないかと思われます。

しかし、お酒というのは人によって強い弱いがあって

同じ量のお酒を飲んでも二日酔いになるような状態になってしまう人もいれば、

全く顔色一つ変わらないで平気という人もいるのです。

もう頭痛で悩むのは終わりです
まずはこの『ずきしらずの実』お試しください ⇒ 

医学的なお酒の適量とは

どの程度が適度な量というものなのかまったくわからないということにもなるわけです。

ただ、これに関しては医学的には適量という量の基準が建てられています。

人によりお酒の強さも違うので絶対といえるのかどうかはなんとも言えないところですが、

それによるとビールは中瓶1本から2本、日本酒なら1合から2合、

焼酎なら0.6合から1.2合、ウィスキーならダブルで1杯から2杯、

ワインなら180mlから360ml、缶酎ハイなら350m缶で1.5缶から3缶といった基準

となっているのです。

まずまず納得できるような量ではあると思えます。

二日酔いと下痢の関係
飲んだ翌日には猛烈な便意が襲ってくる お酒を飲み過ぎた翌日というのは二日酔いになってしまった時でも、 そうでない時でも不思議と下痢を...

休肝日を作る

ただ、この量であったとしても週に1回や2回は休肝日を作ることがポイントだといいます。

肝臓を休めてやる日は作った方が良いということなのです。

お酒が好きな人はこうした適量を文字で言われてもなかなか守れないものです。

それでも、たとえ毎日飲むとしても

二日酔いになってしまうような飲み方はしないということを

肝に銘じて楽しく飲むということは心がけていたいものです。

二日酔いが怖くない!新素材の白い秋ウコン!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする