二日酔いしないためのお酒の飲み方

スポンサーリンク

二日酔いになる人はこんな人

人によってお酒が強いとか弱いということは当然、あります。

お酒が弱い人は基本的にちょっとのお酒でもう十分となるので

意外と翌日に残るようなお酒の飲み方をしないかもしれません。

中途半端に飲めたり、それなりに飲めるという人が

翌日にお酒を残しやすい人だということができます。

飲み方で左右される二日酔い

そんなお酒を飲める人たちでも日によって同じ量を飲んでも

翌日に残ることもあれば、まったく平気なときもあるものです。

それはその時の体調などにも左右されるのですが、

どのような飲み方をしたのかで大きく変わってくる可能性があります。

1日約1000個分の「オルニチン」を凝縮

二日酔いにならない飲み方のポイント

二日酔いにならないためにするにはいくつかの飲み方のポイントがあります。

ひとつは空きっ腹でお酒を飲まないということです。

これは昔から言われていることですが

出来るのであれば飲みだす前に少しでも良いからなにか食べておくというのは

アルコールの吸収を防いでくれるので有効だといえるのです。

また。炭酸で割って飲むお酒はアルコールの吸収を増大させるので

あまり飲み過ぎるというのは控えたほうが良さそうです。

熱燗などの温かくして飲むお酒も酔いが回りやすいと言われていますので注意が必要です。

そして、何と言ってもお酒を飲んでいるときは

適度に物を食べながら飲むということが大切です。

話題の酵素でダイエットサポート【リボディ25000】

特に胃をコーティングしてくれる脂分が多い食べ物は必ず少しは口に入れましょう。

二日酔い防止には必ず役立ってくれることになるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする