二日酔いの原因

スポンサーリンク

辛い二日酔い。

二日酔いには様々な症状が出るように原因として考えられることも

一つというだけでなく色々な原因が考えられるということになります。

血管拡張や脱水症状が原因

一つにはアルコール摂取による血管拡張の影響です。

適度に血管が拡張している分には気分よくお酒を飲むことができるのですが

長時間続くと血管が炎症し頭痛を引き起こす元になります。

また、アルコールを飲むと水分を補給しているイメージがありますが

実は摂取量以上の水分が尿などで排出されることになります。

そのおかげで脱水症状となり頭痛や吐き気を起こすこととなります。

注目の水素サプリ!身体の中からエイジングケア
ウォーターラボのハイドロゲンEX

過剰なアルコール摂取が原因

肝臓がアルコールの過剰摂取により対応しきれなくなり

肝臓での糖分の貯蔵が足りなくなり頭痛や筋肉痛といった症状を起こす原因となります。

過剰なアルコール摂取により肝臓の働きがおいつかなくなり

アセトアルデヒドが体内に残ってしまい二日酔いの症状を引き起こすこともあります。

さらに、アルコールの摂取は胃酸を増やすことでも知られており

過剰なアルコールの摂取によって胃酸が過多となり吐き気や下痢などを起こす

可能性もあります。

二日酔いの予防策

複数の要素が絡み合うことも・・

このように二日酔いの原因は色々です。

ひとつの要素だけが原因となっているのではなく複数の要素が絡んでいることで

原因を作っていることもあります。

何にせよお酒を飲むのであれば適切な量を節度を持って飲むということが

大切だということが言えるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする