飲み過ぎで起こる病気とは

スポンサーリンク

お酒が好きでも病気になるほど飲んだらダメ

飲酒をする人は二日酔いというリスクがあっても

多くの人が習慣となってしまっている人が多いようです。

アルコールを飲むということは決して悪いことでありません。

適度に飲んでいるのであれば昔からむしろ良薬にもなると言われているのですから。

アルコール中毒

調子に乗ってアルコールを飲み過ぎると

二日酔いになるどころか病気を引き起こす可能性もあります。

その代表格は急性アルコール中毒やアルコール依存症ということになるでしょう。

しかし、アルコールの飲み過ぎにより引き起こされる病気には他のものもあります。

肝心な働きが気になる方に【サラシアプラス】
痛風

特にビールの飲み過ぎで注意をしたいのは痛風です。

最近はテレビなどでもよく取り上げられますが

ビールに含まれているプリン体が引き起こすという痛風、

尿酸値が上がることで足の指の関節を中心に発作が起こります。

痛風になり発作が起こると一時的に歩行困難にもなりますし

何度も発作を続けると腎臓に負担をかけることになる怖い病気なのです。

尿酸値が気になる方にオススメのサプリメント『慈凰』
脂肪肝

また、アルコールの摂り過ぎによる脂肪肝も逃れられない病気です。

脂肪肝は字の通り肝臓に脂肪が蓄積していく病気で自覚書状はないのですが、

放っておくと肝炎や肝臓がんなどにも進行していく可能性がある怖い病気です。

水分補給で二日酔い解消!

このようにアルコールの摂り過ぎは決して体に良いことはありません。

たまに二日酔いになることはあっても毎日のように二日酔いになるような飲み方は避けて

休肝日を設けることが病にならないための重要なポイントとなってくるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする