二日酔いの症状

スポンサーリンク

時すでに遅し

お酒は楽しく飲むもので、酒を飲んでも酒にのまれたたいけないとはよく言いますが調子に乗ってついつい飲み過ぎてしまうということは誰にだってあることではないでしょうか。

確かに飲んでいるときは楽しくてガブガブと飲んでいるものの、

気が付くと少し飲み過ぎたかなと思った時には「時すでに遅し」といったことを

お酒好きな人なら何度も経験していることでしょう。

飲み会が多い方のための【スパリブ】

飲み過ぎた翌日は・・

翌日にはきつい二日酔いが待っている時もあるのです。

お酒が翌日のも残っている二日酔いは軽い場合もあれば重たい場合もあります。

症状もいつも一緒ということはなく、その時々でいろいろな症状が出ることとなります。

お酒が残っているいといった場合には基本的には酒臭い状態にあっている可能性が高いです。

口臭も酒臭ければなんとく体臭も酒臭いというようなこともあります。

酷い時には電車に乗って通勤するのも憚れることもあったりします。

二日酔いの解決方法

体に感じる症状

体に感じる症状としては軽い場合なら軽く頭痛がするとか下痢をするといった程度ですが、

重たくなると頭痛もひどくなり吐き気もする、その上、胃もムカムカする。

お腹は当然下しているといった症状となります。

そしてとにかく水分が欲しい・・。

喉が乾くといった症状になるのです。

二日酔いの時は体全体も弱っています。

疲労感もいっぱいとなります。

平行して眠たくて仕方がないといった症状も起こるのです。

時が経てば自然と回復をしてくるのですが本当に重い二日酔いだと

昼ごはんどころか晩ごはんも気持ち悪くてまともに食べられない

といったことも起こりうるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする